人気ブログランキング |

関西在住の超★ミーハーなサッカーファンです。【ミーハーが気に食わない】という方は、スルーされることを強くオススメします!!! 〔HN:たりか〕


by tarikahd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

試合をコントロールする審判

 私は『週刊そーなんだ!社会編』の一応、定期購読者である。最初は、仕事で役立つことがあるかもしれない、と思い、購入することに決めたのだが、仕事云々以前に自分自身が読んで“へぇ~!”だとか、“そういうことやったんやぁ。”とか、改めて知ることも多く、面白い。それにもちろん、複雑な内容が、漫画ですっきりと分かりやすく書かれていて、“おっ!これ使える(^^)v”と思うものもたくさんある。

 その中で、ちょっと前の号に、『サッカーの審判には、どうしたらなれるの?』という内容が掲載された。サブタイトルには、『試合をコントロールする陰の主役』とまである。…思わず真剣読んでしまったよ(笑)。審判には4人の審判がいる云々もちゃんと書いてあって、それぞれ、主審、副審、そして第4の審判に要求されること、そして、どうしたらJの審判を務めることができるのかも、まとめられていた。

 主審に必要とされるものの中の『選手のファールを見逃さない』、副審に必要とされるものの中の『選手のオフサイドを見逃さない』にまず反応。…“Jの審判の人たち! こう書いてありますよ~!分かってる?”って叫びそうになった(笑)。

 審判員には4級から1級まであって、4級審判員資格認定講習会を受講すれば、誰でも4級審判員になれ、中学生から受講可。
 そして、3級審判員は、中学校を卒業してから。認定講習会を受講して筆記テスト・体力テスト・実技テストに合格しなければならなくて、“普通の人なら3級審判員になるだけでもたいしたものだ”と書いてあった。…たいしたもんなんやて!
 2級審判員になるためには、3級までと違って、認定講習会に参加するために、都道府県協会からの推薦が必要となり、誰でも受講できるものでなく、ここからは更に資格取得が難しくなるとある。“テストも難しく、審判員として本当に優れた人しかなれないから、全国に3100人しかいない。”そうだ。…本当に優れた人しかなれへんねんて!
 1級審判員に至っては、資格を取るための試験を受けるのに、まず年齢制限(男性・34歳/女性・39歳まで)があり、都道府県ではなく、更にその上の各地域のサッカー協会からの推薦が必要で、まずこの推薦を受けるのが大変だとあった。しかも、審判員になるための試験を受験できるのは、1年にたったの33人。“地域サッカー協会に認められるだけでも、審判員として高い技術を持っている証拠なんだ”とか。…高い技術持ってるんやって! “全国に21万人いる審判員の中のトップで、120人しかいない。”…トップやってさ! 1級審判員になってはじめて、天皇杯や全国高校サッカー大会などの主審に慣れるそうで、“それだけハイレベルな試合をコントロールできる”と続く。…コントロールできるそうやわ! そして、“JFAの推薦を受ければ、Jリーグ担当審判員として活動できる。”のだそうだ。…協会が推薦してるんやんな! 更に、SR(スペシャルレフリー・一番最初にその存在を知った時、うろ覚えだったので“スーパーレフリー”と言ってしまい、大失笑を喰らったのはこの私!)の存在についてもちょっとだけ触れていて、“1級審判の中でもさらに頂点の存在で、審判員は、仕事を掛け持ちしながら審判に当たるが普通だが、SRはそれが本業である”ともあった。

 一通り読み終えて…、これだけ読んでたら、テレビで放送されるような試合の審判なんか、めちゃくちゃすごい人に思えるやん!と思った。…この“思える”がとってもミソ! 今シーズン、特になんでか知らんけれど、ワールドカップが終わってJが再開して以降、本当に“ちょ~、審判! どこ見てんねん!! ええ加減にしいやぁ~!”と叫びたくなるシーンが数々“勃発”し(自分が応援しているチームだけに限らず)、そのせいで試合を悪い方へ“コントロール”されたことも多々あったため、本当にここに書いてあるように、大変な思いをして、Jの審判になった人たちなんだろうか?と、疑う余地はないはずなのに、思えてしまった。書いてあるくらいすごい人たちならば、あんな判定にならんはずなんやけど…、と。そして、Jの審判は協会が推薦しないとできないのなら…、協会がしっかりと審判を見る目を育てないと、ヤバイんじゃないか、と思えた。 …頼むし、来シーズンは、もうちょっとしっかり納得行く判定ができる審判をお願いしたい。(もちろん、しっかりと本当の意味で、試合をコントロールできる審判もいるはず。でも如何せん、そうでない方が目に付き過ぎたので。)

■千葉・阿部勇樹「光栄です」浦和ら3チームがラブコール⇒こちら(サンスポより)
阿部勇樹「光栄」移籍オファーを歓迎⇒こちら(スポニチより)
■千葉MF阿部勇樹国内移籍も視野に⇒こちら(ニッカンより)


 あとは、ジェフが、どう対応するかだな。プロの選手なんだから、基本的には、自分自身をしっかり評価し、それに見合っただけの対応(金額面はもちろんのこと、それ以外でもどれだけの誠意を示してくれるか)をしてくれるところへ移っていくのは、当然だと思う。納得のいく契約条件と、納得いかん契約条件をそれぞれ提示されたら、納得いく契約条件を示したチームの方を選ぶのは当たり前! 阿部ちゃんにしたってもちろんそう。最初から、ジェフに残る気がないのならともかく、阿部ちゃんは “まずはジェフの話を聞いてから…。” そして、それが自分として納得いくものなら、絶対阿部ちゃんは残ってくれるはず。
 これでこの移籍問題については、阿部ちゃんの気持ちは分かったし、後は、社長をはじめとする、クラブ側の出方次第で結末が決まるところにきているのだと思う。だから、私自身は、この記事を読んで、阿部ちゃんに“ジェフに残って!”というのは、もう辞めにしようと思った。阿部ちゃんはプロの選手。自分と家族の一生を、自分の体と技で背負っている。もちろん、それとおんなじくらい、サポの思いも十分すぎるくらい背負ってきてくれた子だから…。自分の人生も大切にして欲しいし、阿部ちゃんにただひたすら、残ってくれ!っていう思いを伝えるのは、“ジェフの話を聞いてから”という阿部ちゃんの思いを聞けた分、もういいと思えた。

 でもでも、もちろん、阿部ちゃんには国内にいる限りは“ジェフの阿部”でいてほしいと言う思いを捨てた訳でない。この記事とかを見て、更にその思いは強くなっているくらい。だから! クラブがサポーターたちの思いをしっかり受け止め、阿部ちゃんを引き留めるために必死になって、ちゃんと『阿部残留』の結果を示せるようにして欲しいのだ。阿部ちゃんが残る残らないは、もう完全にクラブ側にゆだねられてる…。
 
 後は、クラブ側がどれだけの「誠意」を阿部ちゃんに示せるかだ。絶対出せない選手なら、阿部ちゃんにそれ相応の対応をしてあげて下さい! 阿部ちゃんの移籍が決まってしまったのなら(考えたくもないけどさぁ。)、それは阿部ちゃんがどうのこうの、と言うのでなく、クラブ側に100%責任があると私はとらえたいと思う。…せっかくな、関西人やけど、ちょっとでも、選手たちに還元してもらえたらええなぁ、と思って(微々たるもんですが(T_T)。)、半分も通えんかもしれんけど、シーチケ買う覚悟決めたのに、ここで阿部ちゃんを引き留められへんかったなんて結果を生んだら、もうシーチケ買わへん!(試合は見に行くけど(^^ゞ。この辺り、強気に出れんところが辛いな(>_<)。) ついでに、神戸のGMがファンに取り囲まれるってことが起こったけど、多分、そんなくらいでは絶対済まへんと思うで! でもって、今シーズンの最終戦後の、社長挨拶の時のブーイングどころではなくなるのも目に見えてるで!!←これらって一種の脅迫? 捕まる? ヤバイ??

 でも、それくらい、クラブにはしっかりして欲しいという思いが強いのよ。今年1年、ホントいろんなところで曖昧な態度を取り続けた結果、最後の最後に阿部ちゃんまで持っていかれるなんて、絶対ありえへんでしょ!…GMくらいしっかり見つけとけよ! あぁぁぁ~~!前途多難かも(号泣)。
by tarikahd | 2006-12-12 19:38 | その他