関西在住の超★ミーハーなサッカーファンです。【ミーハーが気に食わない】という方は、スルーされることを強くオススメします!!! 〔HN:たりか〕


by tarikahd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

待ってたよ~!

 相手ボールを奪った瞬間、まるで一斉にスイッチが入ったように、前線の選手が、駆け上がる。前線で瞬時の判断で、タイミングを計りながら、行ける時には一気にシュートまで、そして、前線の選手がダメでも、後方から、ディエゴがいるさ! それでもだめなら、勇人もいるよ!みたいな、「わらわら感(一般的には通じるのかな? 友たちと普通に使ってる言葉で、前線だけでなく、後方からも次々とわいてくるように選手が攻撃を仕掛ける様子を、一応表している^_^;。)」もばっちり!! …ちなみに、3点目の時は、ディエゴはダメにならんかったけど(笑)、ちゃんと勇人はゴール前に詰めてたしね。そのあとでは、名古屋の時みたいに、前線にプレーッシャーかけに走り回る勇人が健在した(^^)v。

 バックスタンドの、サンガ側にいたもんで、繰り返される、『一斉スイッチ状態』の前線の選手が、丸っといっぺんに視界に入ってきた。それを何度も何度も見られて、そのたびに、鳥肌立った。私が好きなサッカーはこれや!って実感できた。もう、これを待ってたんさ!! …こういうダイナミックな攻撃の方が、やっぱり好きな自分であることを再確認。そやから、昔のジェフにはまったんやけど^_^;。

 この、『一斉スイッチ』の『わらわら状態』の攻撃の時って、勇介大剛の存在感が際立つのね。勇介がわき目もふらずに、ボールキープしてるヤナギだったり、大剛だったりする横を、フルスピードで駆け上がっていく姿なんて、やべっちちゃうけど、ホンマさぶいぼ出ます(^^)v。次のマリノス戦でも、みんなで、さぶいぼ出るような攻撃を見せてくれたら、わざわざ横浜まで応援に行く甲斐があるっていうもの。「一斉スイッチ」の「わらわら感」、次節もしっかり頼みます!!

 安ちゃんゴールに清き1票を!!⇒こちら



 後半は、3バック的になり、その一角を占めたので、攻撃に上がることがなかったソメだが、前半は、相変わらず右サイドでプレー。もうちょっと攻撃的になったらええのに、とか、中途半端な上がりで変なとこで止まったりとか、あがった後、相手にボールが渡ってるのに、ちんたら走ってたりとか、そういうプレーを自分がいるバックサイド側でされて、やっぱりイライラしてしまった。「マッスーがいいなぁ~」、相変わらずそう思いながら、ソメのプレーを見ていた。

 悪くないから、こうやってスタメンで起用し続けられてるんだろうし、確かに3バックに入った時とか、サイドバックでも、守備してる時とかは、いいプレーや思いきったプレーを見せてくれている。のに、何で、私は、ソメのプレーにいまだに納得いかんのやろう…、と、妙に気になって、帰りの電車の中で、勝ちゲームの後にしては、珍しく、結構真剣に考えてみた。

 そして、出た結論。友の影響で、ドイツW杯前後から今の今まで、ずっと、右サイドバックといえば、ガンバの加地クンのプレーが、知らず知らずのうちに、自分の中で、一定の基準として沁みついていて、そのプレーから、かけ離れたプレーをされると、微妙にイライラきてしまうんじゃないかってこと。「そこまで行ったら上がってしまえ!」と思った時、あとから考えると、加地クンならそういう場面では、大抵思い切って上がってたわ。「パス出したら、終わり!やなくて(きれいに失速して、その後、ボールの行方を止まって目で追ってたりすることがある。)、続きで、ゴールに向かって走って、前の選手、追い越せ!!それがダメなら、さっさと下がれ~~!」と思った時、あとから考えると、加地クンならそういう場面では、パス出したらそのあと、必ず何か動きをみせるわ。といったように、知らず知らずのうちに、刷り込まれていた加地クンのプレー^_^;。チームの攻守のバランスを考えて、あえて、そうしないでおこうとして、ソメがプレーしていることも多分あるだろうし、ベンチからの指示でそうできない時もきっとある。それは十分に分かっている。当然ながら、今迄から、「加地クンやったらそんなプレーはせえへん!」とか、思って見たことはなかったし、加地クンはガンバの加地クンやし、ソメはサンガのソメなんで、おんなじようなプレースタイルになってほしいとも思っていない。それでも、なんか中途半端~(>_<)と思えるのは、自然といつの間にか、身に沁みついてしまった「基準・加地クン」のせいだと思えた。…代表選手として、そして、ガンバの選手として、培われてきた加地クン右サイドバックとしてのプレースタイルはやっぱり好き!

 無意識の中で、「基準・加地クン」が出来上がっていたのでないかってことに気づいて、自分のことながら、ちょっとビックリ。・・・ソメにバックラインをまかせて、後半、ジョンスが見せる攻撃参加も見ごたえ十分やけど、やっぱり私は最初から、豊富な運動量から見せるマッスーの積極的な攻撃姿勢が試合でみたい!! それやりながら、守備でも頑張るマッスーやしね。

 ソメが嫌いじゃないんです。むしろその逆。淡路島キャンプで本格的にプレーしてる姿見て、しっかり応援モードに突入して、一時は、背番号6のユニを買いたそうかとと思ったくらい。 もちろん今も応援中。
[PR]
by tarikahd | 2009-07-28 01:30 | 京都サンガF.C.